top of page

動物愛護法改正が正しく守られる為には

最近思います

パピー犬がとっても小さいと


今来ているトイプードルちゃんは2ヶ月で400gでした

とっても食べ物に執着しています

人が側にいないと悲鳴のように吠え続けます


本当に物凄い吠え方です


ペットショップで販売されている犬は

どのような親から生まれ

どのような環境で8週齢まで過ごしたか

本当のことが分かりづらいのでは

と思います


動物愛護法の改正で

出生後8週齢を経過しないものについて

販売のために引き渡してはいけないことになりました

この8週齢という数値規制が裏目にでてしまったのでは

と危惧しています


小さくないと高く売れない

小さくないと売れ残る


この購入を考える側の思考が小さくつくること

につながってしまったのではと

私は心配しています


母親のお腹にいる時の環境や状態は

生まれる前から脳に影響を与えます

母親がストレスを感じていればいい影響は有りません

人もそうですよね


そして生まれてからも母親からのグルーミングや

兄弟間での遊びも成長の為の大切な時間です


どうか小さいことにこだわらないで下さい

心も身体も健康な状態であること


それが一番大切なことだと

私は思います




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page