top of page

お留守番上手

私は犬はひとり暮らしでは飼ってはいけない

とずっと思ってきました

おそらく何かの情報からそう認識したのだと思います


いつからかひとり暮らしで留守番が多くても

犬は飼えるよ という認識に変わったのでしょう


今は普通にお留守番の多いご家庭でも

犬を飼っているお宅は有ります


保護団体さんから犬を迎えたいと思うと

このお留守番が多いい

というご家庭では犬を迎えることができない

そうなのです ここはとても重要なのです


犬は本来お留守番が苦手な動物です

犬は群れで行動します

犬は人間が作業の手伝いをさせる為に

その作業に適した犬種を作ってきました

人間と共に暮らしてきました


ひとりで何時間もいるということが無かったのです


でも今はひとりで何時間もお家でお留守番の犬達は

沢山いるようです

ペットショップはそこを問題にしません


では何時間もお留守番するのでしたら

どの様に対処しましょうか

の考え方に変えるしかないですよね


パピーのお留守番

いたずらされないようにしたいですよね

でもひとりで何時間もいたら退屈です

人もそうだと思いますが退屈したら何かしたいですよね

その時犬は口を使って退屈しのぎをすると想像しましょう

だとすると 近くにある咬める物を咬む

という行動に移ります

咬まれたら困る物は片づけましょう


パピーなら排泄の失敗も有るでしょう

なので行動範囲を狭めてトイレにすぐに行けるようにしましょう


サークルにクレート・トイレ・噛んでも大丈夫なオモチャ沢山


これを用意しましょう

飼主のパパ ママが帰ってくるまで退屈しないように

沢山のオモチャが有るといいでしょう

ただし 犬が噛んで誤飲してしまうようなオモチャは

お留守番の時に使うのはやめましょう

人の目が監視していな時でも使える そんなオモチャが必要です

そして外の気配が感じられる場所から離れましょう

外の気配が分かると犬は落ち着きません

テレトリーに近づく敵を威嚇してしまいます

吠えるという行為はなるべくしないように

環境を整えてあげましょう




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page